バイオリンの音、プリミティブな魅力   

バイオリンをケースから出し、構えてとりあえず開放弦で音を出してみると、はなひめがすっとんでくる。

「代わって、代わって!」…今、始めたばかりだよっ(-_-;;
「お母さんは、会社から帰ったあと、ちょこっとしか音を出せる時間がないんだから、触りたかったらお母さんが帰る前に触っときなさいよ」

まぁ本音をいえば、子どもたちだけで家にいる間にバイオリンを出しているというのも、やや不安といえば不安なのだけど。例えば、バイオリンをソファーに「ちょっと」置いている間に、別の子が気づかずそこへどんと座った、とか。ぶつかった、あるいは喧嘩をして、よけた拍子にバイオリンをどこかにガンとぶつけてしまうとか。

ピアノという楽器に比べて、ずっと壊れやすくみえる楽器、バイオリン。ピアノはさすがに、わざと殴る蹴るとか鍵盤の上に登るとかでもなければ壊れなそうなので安心感があるけれど、バイオリンはどっかで事故るかもしれないなとは思う。子どもたちも主観的には、大切に丁寧に扱っているのだけど、三人寄れば不慮の事故、ということわざもあるし(←今つくった)。

バイオリンは、その繊細な外見や木の手触りも含めて魅力だと思うし、形や音に単純にひかれるというのはわかるので、しばらくこのまま様子を見ようと思う。そのうち飽きるだろうし、万一事故ってもそんときはそんときだ (もし、高いバイオリンに買い換えるようなことがあったらそのときは絶対触らせたくなくなるだろうが…)

開放弦で音を出すと、初心者でもバイオリンの胴に響く音がわりと簡単に出せて、もちろん客観的にいって「きれいな音色」というわけではないにしても、何か心ひかれる音だ。これまで親しんだ楽器、ピアノ、フルート、和太鼓、リコーダー、オカリナ、どの音の出し方とも違う、「弦をこする」振動から出る音は、あたたかみがあって、気持ちがゆさぶられる。人の声を深く響かせたときにも似ている。

音の弾き始めと弾き終わりがなかなかきれいにいかないが、やり方がよくわからないので保留とする。

二本の弦をいっぺんに弾いてみると (重音)、とにかく安定してバランスよく響かせるのが難しいのだけど、うまく二本を均等に弾けたときも、この重なりは…イマイチうなっている(^^;; ちゃんと調弦しなきゃいけないのだが、どうも私がやると「だいたい」しか合ってないようだ。

早く、体験レッスンの申し込みをしよう。


f0185839_7253170.jpg今日の弁当:
ゆで卵、ブロッコリー、にんじんゴマ和え、昆布煮、芋コロ、肉団子、梅干
[PR]

by an-dan-te | 2009-08-04 07:28 | バイオリン | Comments(14)

Commented by nonchan at 2009-08-04 09:53 x
学生時代の一時期、ちょっとした手違い(?)で私の腕前に全然ふさわしくない高級な先生のレッスンを受けていたことがあるんだけど、その先生のおっしゃるには、まずは開放弦で楽器をしっかり鳴らすことがすごく大事なんだそうです。それをやっておくと楽器自体の鳴り方も良くなるし、開放弦が鳴らせないと良い音は出せないから、毎日30分以上ひたすら開放弦をやれって言われました(^^;
(ヒマな学生だからできることで、社会人には無理と思うけど。)
それで、言われたとおりに30分、開放弦ばかり鳴らしていたんだけど、楽器からというよりも体全体から音が出ているような感覚ですごく気持ちよかったのを思い出しました。
Commented by an-dan-te at 2009-08-04 13:54
nonchanさん、
> 楽器からというよりも体全体から音が出ているような
> 感覚ですごく気持ちよかったのを思い出しました。
私もそう思います!!
えーと、高級な先生がおっしゃっていたということなので、私も、開放弦を心ゆくまで鳴らしてみます(^^)

> それをやっておくと楽器自体の鳴り方も良くなるし、
これまた、おもしろいことですよね。
Commented by ゆかりしょう5まま at 2009-08-04 20:07 x
次回のホームコンサートは、ヴァイオリンでもエントリー確実なようですね…
伴奏のご用命がございましたら…ぜひ♪ byゆかり
Commented by 無謀 at 2009-08-04 22:21 x
調弦がうまくいかなくて「ピンッ」と音がしてE線を何度切ったことか・・・。「コンビーフの缶を開ける金具のような形」をしているものを巻いてチューニングせずに、専ら駒のそばの金具でチューニングしていました。(もう*0年以上前の話なので専門用語を忘れてしまっています。涙)
「3人寄れば不慮の事故」「3人寄れば悪だくみ」(←我が家)なんだかたくさん作れそうです。
Commented at 2009-08-04 22:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2009-08-05 12:55
ゆかりしょう5ままさん、
さすがにちょっと…しばらくは弾ける曲がないと思いますが(^^;;、何か弾けるようになったら即お願いします!!
Commented by an-dan-te at 2009-08-05 12:57
無謀さん、
そうそう、コンビーフの缶の…(って、なんか名前がついているんじゃ!?)、あれ、ちょうどいい分回すのがなんかうまくいかなくて。修行(?)が必要です。

> 「3人寄れば悪だくみ」
はは。一人しかいないときなら悪事も想定範囲内なんだけどねぇ。
Commented by an-dan-te at 2009-08-05 13:00
***(22:50)さん、
ご丁寧にありがとうございます。
よかったですね~(^-^)
そりゃ、本もいいと思いますけど、なによりそれはお嬢さんが優秀なんですよ。そういう、ブログネタもないようなきちんとできる子を一人くらい、育ててみたかったなぁ~(すでに過去形)
Commented by ばよりん at 2009-08-05 13:42 x
コンビーフの缶の…って、別に小難しい名前ではなく
そのまんま”糸巻き(ペグ)”ですよ
Commented by an-dan-te at 2009-08-05 19:10
ばよりんさん、
あ、ありがとうございます(^^;;
Commented by スケルツオ at 2009-08-05 21:04 x
Vnの調弦、慣れるまでは大変ですよね。
ペグとVn側の穴にコンポジションというリップスティックみたいなのを塗ると、ペグがスムーズに動くようになって調弦しやすいようです。
子供たちが時々先生に借りて使っていたみたいです。
Commented by an-dan-te at 2009-08-05 22:19
スケルツオさん、
そういうグッズがあるんですね。
音合わせといえば、昔、フルート同好会にいたとき、Aの音でまず合わせる(頭部管をずらす)のですが、初心者だとそこだけ合わせておいても別の音程のときは結局合わないんですよね。あ、バイオリンも余計そうか。。
音合わせがちゃんとできるだけでもちょっとかっこいい(^^)
Commented by VNYO at 2009-08-06 08:25 x
ナアンダンテさんこんにちは、ブログへのコメントありがとうございました。
イケメンの先生じゃなくて残念ですねー(笑
お互いに頑張りましょう!
Commented by an-dan-te at 2009-08-06 16:42
VNYOさん、お越しいただきありがとうございます。
今日、電話して体験レッスンの日にちが決まりましたよ~
27日です!!
うまくいけば九月からバイオリンを習うことになります(^^)

<< またろう、夏期講習の代わりに バイオリンがやってきた >>