こじろうセルフ弁当   

さて、母から「そんな奴に作る弁当はない」宣言をされたこじろうであるが…

「それで、これからどうするつもりだ」と聞くと、ちょっと考えてこじろう、
「自分で作る」
という。

母の逆鱗に触れたのは、食べ物を粗末にしたこと、作った人の気持ちを無にしたことの両方。自分で作れば少なくとも後者は解消できるわけだし、というか自分で作っておいて食べないヤツもあまりいないか… ということで確かによい案かもしれない。

しかし、朝作らなきゃいけないのはこじろうの弁当だけではない。結局、またろうとはなひめの弁当は作るのになんかねぇ。台所はひとつしかないので、タイムシェアリングを考えるにもうっとうしくて、うれしくないけど、まぁしばらくやってみる??

それで、ここしばらくは自作弁当を持って部活に行っているこじろうである。

中身は、冷凍できあいの肉団子や鶏からあげ、プチトマトや作り置きおかず(母提供)…って、ほとんど変わり映えしないですけど(笑)、母が作り置きのこんにゃくきんぴらなんかを「これ入れていいよ」と渡すと「あ、ありがとうございます」(←挨拶だけは丁寧なこじろう)と言われるところがちょっとだけ違う。

なぜか知らないけどこじろうは「レンジでチン」が面倒なんですって。それで、フライパンをよく使う。レンジ用の鶏つくねなんかも、ピーマンといっしょにフライパンに並べて焼いたりして持っていっている。まず冷凍のままお弁当箱に詰めてみて「よし」と量を確認してから加熱調理を始めるのがこじろう流で、つまり、できあがった弁当にはなんとなく微妙に隙間が空いている (凍っているときはごつごつしているからね)。ふっ、まだまだ青いな。

数日やってみての感想は、「嫌いなものが入ってないからおいしく食べられる」だそうで。
…なんかむかつく~(-_-#


ところで最近、土曜日はお金で渡す(500円)のがすっかり恒例になっていたが、それは、母が作る役割を引き受けていて、そのうえでそれをパスしたいから渡していたのであって。当然、セルフ弁システムになったんだから、土曜日だって作って持っていけばよろしい。と思ったのだが…

先週土曜日は弁当を持っていったが、「土曜日はみんなも外で食べることが多いので、お金にしてほしい」とこじろう。「なんで~持って行けばいいじゃない。持って行かないなら自腹でしょ」というととても無理だという。「じゃ、家で作るならかかっている材料代のかわりとして200円ならあげる」
「それじゃ食べられないよー」
「そうねえ。じゃ、300円」
「せめて400円」
「400円はダメ。作って持っていくか、300円。あとはお小遣いで足しなさい。毎週じゃきつかったら作っていったり外で食べたり交互にすれば。だいたい、土曜日ってみんなも弁当持ちが少ないの? どうして?」と聞いたら、こじろうニヤリとして
「よそのうちも、お母さんと同じ理由でしょ」だって。そうね。土曜日くらいゆっくりしたいよね。
[PR]

by an-dan-te | 2009-08-01 08:27 | 中学生活 | Comments(4)

Commented by トライデント at 2009-08-01 09:21 x
こじろうくん順調に自立してますね~ うらやましい

うちの部はみんなで鞄を外に放置するらしく怖くてお弁当持たせられません。
自分だけ屋内の涼しい所に・・・なんて気の利いたこと出来ないのは間違いない。たとえ出来たとしても三回か四回に一回は忘れるだろうし。

そんなわけで夏休みはお弁当づくりなし!やった~

でもね、お腹を空かせて帰宅する時間が母の昼食時間と微妙にずれるのでそれはそれで面倒なのでした(-"-)
Commented by メゾフォルテ at 2009-08-01 22:24 x
こじろう君は一つのハードルをもう既に越えているのではないかと思います。独立したとき等、ご飯を炊いたりフライパンを持って何かする経験が無かったという男性が私の世代ではかなり多かったから。

一回り下の世代の女性と話していて何といっても羨ましいのは、食事を作れる旦那さんがいる人の割合が高いこと。時には「私より上手いので、大体作って貰っている」等のコメントもあり、そうか、この部分では着実に向上しているのだな、と。

家もまたろう君目指して、「こじろう君も頑張っているわよ。」と叱咤激励して鍛えなければ。
Commented by an-dan-te at 2009-08-01 22:43
トライデントさん、
自立っていうのかなんというか…
まぁ、料理に苦手意識はないほうがいいですよね。
よしぞうはこの年になってもかなり距離感があります。次のチャンスは定年かな??

> 怖くてお弁当持たせられません。
この時期に屋外放置じゃ、ちょっとやそっとの保冷剤でなんとかならなそうですもんね。
Commented by an-dan-te at 2009-08-01 22:48
メゾフォルテさん、
こじろうは特に料理下手にはならないと思いますが、またろうとはメンタル面がものすごく違うんですよね。
またろうの料理は、自分がおいしいものを食べたいという飽くなき執念と、他の人にもおいしく食べさせたいという愛に支えられて、常に前へ前へ進んでいくものなのです。こじろうの料理には金銭面くらいしか推進力が感じられないからな~先行きやや不安。

<< ピアノ発表会、三度目の正直!? テストまったり進行中&手帳の柄... >>