またろう英語小テスト浮上!!   

またろうの英語がやばいことになっている件を「またろうの定期テスト結果」で書いた。

定期テストの点数も決して良くはないが平均くらいで、特にまずいのが小テスト。まっさらな自分で受け続けた (途中で何かどうしようとか思わないもんですかね!?) このコンスタントな低得点が足をひっぱり、現状の評価は「C」。

しかし小テストだよね。これは、要するに勉強してこい、という意味であって、勉強していけばとれるはずでしょ。ということでテコ入れに乗り出した母。

授業内容とテストを確認したところ、授業前半はまずReaderのテキストの精読(講義形式)、後半は各自多読、というふうに進行し、次回授業開始時にテキスト本文からテスト。ということがわかった。テキスト本文は、半ページくらいでたいした分量じゃない。テスト内容は本文そのままの穴埋めなので、これをきちんと読んでおけばいいってこと。

ステップ1: 教材を持って帰ってくること!!
小テストの勉強をするには、まず教科書を持って帰ってこないと。これはけっこうやっかいで、「明日こそ持って帰ろうね」といってるうちに、どうかすると一週間たってしまう。
テコ入れ初回は、テスト範囲を音読させたに留まり、テスト結果は半分 (2問中1問)。

ステップ2: 対訳ノートを作ろう
やはりぼんやり「読んだ」だけじゃなくて細部まできちっと確認しないとね。長い文章じゃないんだから、対訳ノートを作りましょう。中学生が使うような「四線ノート15段」に書いても、1ページ程度の量なので、
・左ページに写す→母確認。なんで写すだけでこんだけ間違うかなぁ??
・右ページに訳す→母確認。といきたいとこだが、なぜかロクに訳せず、質問とブーイングの嵐。授業中何をきいているのか??

ステップ3: 英文を書く練習!!
右ページを見て英文を書く練習。
初日は、ノートごと渡して練習させたのだが、左ページをチラ見して書いてしまってほとんど正解 (カンニングともいう)。まぁ写す練習をもう一度したと思ってスルーし、翌日は右ページだけをコピーしたものを渡して練習。疲れる。

ステップ4: 教材を学校に持っていく
これも授業を受けるという意味ではだいじ。
持って帰って勉強した初回は、またろうが教科書を持っていき忘れて出てしまったので、母が玄関から慌てて飛び出して追いかけて呼び戻した。教科書を渡し、それともうひとつ持っていくものがあったので母がごたごた探してそれも渡したのだが、そうやってごちゃついたのがいけなかった。またろうが出たあと、玄関になぜか教科書が落ちている。おかしいな~またろうがカバンに入れる動作をするのは確かに見たのに、そこですとんと床に落ちたのだろうかorz

そうやって、幾多の困難を乗り越えて、テコ入れ二週目と三週目では小テスト満点(^o^)/

またろうもちょっとうれしかったらしく、「満点だったよ~」と当日に教科書を持って帰る快挙を成し遂げたが、その日も次の日も、勉強の取り掛かりが遅くて (10時とか…)、公文もロクに終わらないくらい。Readerの勉強には到達すらせず、四週目の小テストに早くも黄信号点滅。


f0185839_7285751.jpg今日の弁当:
ゆで卵、プチトマト、ブロッコリー、ひじき豆、ごぼうとにんじんのきんぴら、肉団子、鮭わかめふりかけ。
[PR]

by an-dan-te | 2009-07-09 07:29 | 高専生活 | Comments(6)

Commented by もも at 2009-07-09 08:55 x
小テスト満点!!おめでとうございます。これではずみがつくと良いですね~。
息子も英語では大きくつまずきそう。。私も今から勉強して?フォローできるようにするべきか?
息子と同じタイプの主人、海外出張も多く、発音もなかなか良いので、学生時代も得意科目かと思ったら、一番苦手な科目だったとの事。必要に迫られて、音声教材のイングリッシュアドベンチャーを聞きまくり、得意になったとか..必要にせまられないと出来ない親子..なんとかして欲しい。
Commented by あしじん at 2009-07-09 10:13 x
いつもながら、アンダンテさんのテコ入れの仕方はすばらしいです~。現状把握と、現状分析とそれに対する対策&実践が、無理なく無駄なく明確! 本当に勉強になります。(母が) 私もそういう風に息子の勉強のテコ入れをサクサクッと進めたいです・・・ ほんと。
Commented by クローン2号 at 2009-07-09 10:29 x
月曜日に聞いてきました。大本営発表の末の「玉音放送」orz
開口一番「やはりおっしゃっていたことが…」
たとえば国語の課題、6回とも出てないそうで、素点が人並みでもそれが60パーセント換算で、そこに提出物によって加点される分が零点だと、なるほどこの点になるわけですね。フムフム。その結果「マーカー」の引かれた点がずらずらっと。さて、どうしましょうかと、先生と頭を抱えて1時間半。アクションプラン発動…できるのか?!
Commented by an-dan-te at 2009-07-09 13:22
ももさん、
必要にせまられたらできるんだったら、そりゃ立派なもんですよ~困らないってことじゃないですか。
息子さんも素質はあるはずだってことで(^^)
夫は素質がないらしいですよ。やっても入っていかないんですって。きちんとやるというところがそもそも苦手なんですけどね。またろうも同じ。やれやれ。
Commented by an-dan-te at 2009-07-09 13:24
あしじんさん、
テコ入れの仕方っていってもね~
ステップ1とか4とか、ふつう必要のないところなのにこんなことばっかりシステマチックになっちゃって(笑)
ほんとは親がいつまでも面倒みてないで個別塾とかに行かせたいんですけど、このへんは面倒みてもらえないですよね…
Commented by an-dan-te at 2009-07-09 13:27
クローン2号さん…「玉音放送」…ひゃあ。。
そうそう。国語はまたろうもやばいです。とりあえずは「授業をまじめに聞いてノートをとる」ということが必要だということはわかったのですが、これは親が手が届かないところなので本人にがんばってもらうしか。

<< 新聞をめぐる夫婦バトル 我が家のケータイ事情 >>