【中学受験】子どもがストライキを起こしたときどうする   

受験直前、たいそう煮詰まったころになってこじろうがストライキを起こしたことはリアルタイムのとき書いた。

もっとずっと前、春のころにも一度そういうことがあったので、今日はそのときの話を。

===インターエデュ 私の書き込み 2008 3/10
実テ、センターの第一回、カリテ第一回がばかによかったのではじめてクラスが上がりましたが、カリテ第二回、センター第二回では失速。きのうのカリテは、本人的には新しいクラスでもそこそこの席順がほしかったんでしょうけど、国語真っ白で本人も真っ白。

帰ってきてから、自己採点について秘匿(^^;;しているのでしばらくはほっといて、テレビみたり兄弟と遊んだりさせてましたが、夕食ごろテスト直しさせようとしたらもうぐにゃぐにゃのどろんどろん。その態度を父に叱られて爆発。結局モメにモメて何もやらないで終わりました。

しかし母のみるところ、よかったテストもよくなかったテストもおしなべて、本質的にはあまり変わりありません。算理社は波は多少あるにせよ順調、国語は毎回論外の出来ながら、それが改善されないので結果はじわじわひどくなっているという状態です。

国語は半年計画で基礎的な語句と読解の方法から立て直そうと腹をくくっていたので私としてはあまり昨日の結果はショックでもなんでもないのですが、数字上、結果が下がってくると、本人のモティベーションが下がって建て直しも何もあったもんじゃないです。困ったなぁ。。

昨日は、兄の通う公立中への進学から高校受験というコースについて真剣に考えてしまいました。

===インターエデュ 私の書き込み 3/10
マイニチみてきました。

国語は平均点も低かったみたいですね。うちは輪をかけてひどいですが。最低点大幅更新です。

でも四科でみればびっくりするような出来ではないので、落ち込むんじゃなくて前に進め!! と激励しようと思います。でも子どもにとっては半年とか一年とかって長いんだろうなぁ…

年取ってくると一年なんてものすごーく早いですけどね(笑)

===インターエデュ 私の書き込み 3/11
うちの子、今週はついに本格的にストライキを起こしてしまいました。

国語のあまりの出来(真っ白)に、ぽっきり折れてしまったみたいです。「ぼくがんばってるのに…お兄ちゃんより絶対!!(*)」で、ぐねぐねになってしまい、親ともめたあげく、とにかく今週は自分でやる分量を決めるといって…カリテ直しは手付かず、貴重な月曜日も「栄冠への道」を未消化で積んだまま、のんびりと過ごしました。
(*)ちっとも勉強しない新中三の兄がいるのは目障りだから、気持ちはわかる。でも彼はキミのライバルですらないんだが。

せっかくクラスをあがったところなんだから、ここで馬力出してほしいというのが親心ではありますが、もう手がつけられないので、夫婦で相談してしばらく静観と決めました。このところ学校の行事関連も忙しく、班長などのプレッシャーもあってパンクしてしまったらしいです。春休みになってスキーもいって、(たぶん)クラス落ちもして、気持ちを入れ替えたところで本人と相談し、行くか(受験)退く(公立中)かを決めます。
===

がんばったのにそれが成果(テスト結果)に出ない、学校で嫌なことがあった、塾で嫌なことがあった、などのきっかけで、やる気を失ってぐずぐずになり、中学受験をやめるのやめないのという話になった…という経験は、我が家でなくてもありそうです。そういうとき、親はどうしたらいいのか??

「行くか(受験)退く(公立中)か」については、我が家の場合は別に脅しでいっているわけではありませんでした。実際兄が公立中に行っていて、そこそこの教育力があることがわかっているのだし、兄と違って(笑)小学校で身につけた勉強する力や知識の土台が違いますから、ずっとうまくやれるでしょう。

通塾が長い、親の思い入れが強い、公立にどうしても行かせたくない事情があるなど、「退く」の選択肢がシャレにならないと思う場合は、むしろ冗談や脅しで言の葉にのせないほうがいいかも。

ここで、「こうやったらスランプから脱出できた!!」のような感動的なストーリーがあれば書きたいんですが、なんかそういう魔法のような方法はわかりません。ただ、

===インターエデュ 私の書き込み 2008 3/12

まあとにかく、気分転換の時期があってもいいかなと思います。新五年入室から一年、予想よりずいぶんよくやってると思いますし…

うちの場合、第一志望校について、親も子もいまいち定まってないところがまずいような気がします。文化祭や学校説明会があるのはまだ先だろうけど(てか五年生のうちにいっていないところが(--;;)見学にいってみるとか、何か盛り上げる方法を考えます。

今週、ダレてるので昨日は学校ぎりぎり、塾は遅刻でした。「何を勉強するか自分で考えていいとはいったけど、遅刻していいとはいってない」と叱りました。今日はふつうならいちばん時間のある日(水曜日は塾もないし学校が終わるのもはやい)だけどまたなんにもしないのかねぇ。とりあえず「毎朝なわとび」をする、手伝い(お風呂洗い)を忘れない、といったあたりから生活に「背骨」を入れていこうかなと。
===

たぶん、生活そのものを立て直し、たんたんと過ごすというのは王道で、見守るのはつらいけど、それしかない、というかそれで十分なんだと思います。長くなってきたので、そこからの「回復」については次回。

f0185839_732637.jpg今日の弁当:
目先を変えて、混ぜご飯にしてみました。といっても、炊いたあとから、炒り玉子と紅しょうがと塩もみきゅうり、ゴマを混ぜただけですが…

ほかは、ブロッコリーじゃこ炒め、ミニ春巻き、プチトマト、芋コロ、昆布佃煮。
[PR]

by an-dan-te | 2009-05-20 07:35 | 中学受験 | Comments(4)

Commented by メゾフォルテ at 2009-05-21 12:40 x
昼休み、ネットカフェ(そんなカッコいい風情のとこでないが)からです。
私のPC、壊れたからでございます(泣)
修理に出すか、放置しておくか悩みどころ・・・

さて本日のお題ですが、たんと熟考して書きたいところですが昼休み故簡便に。
お話したかもしれませんが、昨年(小6時)秋口、息子エンストで家庭学習0(丸、でなくてゼロです)が一ヶ月以上続きました。
夏の終わりの重要なテスト玉砕が理由の全て、熱望校が見えなくなったからです。
一ヶ月イロイロあり、では公立向けに退塾しませう、と既に「退塾届」を用意の上、「無学習状態で」記念に一回だけ受けた最後のテスト・・・
快挙でした(無論息子なりに、ですが)。

通塾中、わが子にとって最も意味を持ったテストは、○○オープンでも合格判定テストでも、四谷合不合テストでもなく、この最終局面での2つのテストでした。
Commented by koma at 2009-05-21 15:57 x
こういう時がくるのですねぇ。

今はまだ、カリテごとに一喜一憂したとしても、「ああ良かった!」
「ちぇっ、やっぱりダメか」程度で、振り返りもしたかしないか(しなくて連休などでまとめやり)で、やる気があるようなないような・・な状態です。  無事に過ごせることの方が奇跡だと思い、なんとかやっていきたいものです^^
Commented by an-dan-te at 2009-05-21 21:25
メゾフォルテさん、
PC壊れちゃいましたか。

秋口エンスト一ヶ月は、見てるほうとしてはつらいですよね。で、結局浮上のきっかけはテストの好結果(^^;; ってところがなんとも。
Commented by an-dan-te at 2009-05-21 21:28
komaさん、
塾の雰囲気も、最終学年になってぐぐーっと盛り上がってくると、それをうまく「やる気」に結び付けられる場合はよいのですが、なんかプレッシャーに感じてよけい転ぶという場合もあるんですね。

でもたいていまた起き上がってるみたいですけどね…

で、あんなことこんなことあったよね、と思い出の話になる、と。

<< 公団間取りのリビングに書斎スペース 総銀製「以上」のフルート!? >>