私の愛読書: 「パリ左岸のピアノ工房」   

我が家にあるピアノは、ヤマハ製のごくふつうのアップライトの中でも、中の下くらいのランクのものですが…

「量産品」とはいっても、その意味するところはエレクトーンの場合などとは違います。

同じ型番のピアノでもそれぞれ違う音、違うタッチになるし、メンテナンスによって音は良くも悪くもなる。我が家のピアノは、結婚するときに母からお祝いとして買ってもらったもので、20年経っているわけですが、調律師さんによればそのころのヤマハは今より人手による工程が多かったようで、現在の新品より個性があるそうです。

「ピアノには個性がある」…これが、ピアノという楽器の魅力の中核をなしていることは間違いありません。クラビノーバくんも我が家では(特にまたろうの音楽導入期にあって)とても役立ってくれたものなのですが、愛着という点ではピアノの足元にも及びません。

音や弾きやすさにこだわりがあって、いつも上手な調律師さんを呼んでいるのと、あと置く場所の状態も比較的ピアノに合っていること、弾く頻度が多すぎず少なすぎず、などのいくつかの条件が揃っているのだと思いますが、元々のピアノも「当たり」だったようで、このランクのピアノとしてはめずらしいほどの弾きやすさと音色に育っています。

「パリ左岸のピアノ工房」は、アメリカ人の物書きがパリに住み、謎めいたピアノ工房に出会ってピアノの魅力にとりつかれていく様子を綴ったエッセイ風の本です。音楽の専門家ではまったくなく、大昔、子どものころ、ピアノを習ったことがあって…素敵な先生もいたし、好きになれないような先生もいたし…ごく簡単な曲なら弾けるが、日常的に弾いて楽しむほどの技量はない人。でも、心の奥底に、ピアノに対して漠然と感じた憧れみたいなものが眠っている筆者は、まさに私の立ち位置と同じところにいるといえます。

だから、この本の出だしは、ピアノってまた弾いてみたいなぁ、子どもにも習わせてみたいし、家にピアノを置くことはできないだろうか? と、狭い家の中のスペースのやりくりを考えあぐねている、何の変哲もない光景から始まります。

それが、子どもの幼稚園の送迎でいつも見かける、ピアノの部品屋のようなそうでないような、とっつきの悪い店構えのお店(そして思い切って声をかけても門前払いされる)が気になって、いつもいつも覗いているうち、ふとした巡り会わせからその中に入って多数のピアノを見られるようになる。

実はそこは、古いピアノを引き取って、再生して売っている工房でした。筆者は、物好きなアメリカ人として、かなり閉鎖的な面もあるパリっ子の、ニッチなコミュニティーに意外にも好意的に受け入れられ、ピアノそのものと、優れた技術者でもある店の主人、そしてそこに立ち寄る人々の渾然一体となった魅力にどんどん引き込まれていったのです。

そこにあるピアノのバラエティーといったら、ヤマハ量産品の中でいう「個性」などとはケタが違います。外観から音の出方から、超高級品からそうでないものから、出身地も様々、使われ方も様々。その中から、すでに筆者の「個性」をある部分深く知りつくした店の主人が、筆者にぴったりのピアノと引き合わせてくれました。当初の予定とは異なり、小さいとはいえグランドピアノです。

筆者は始め、とても無理だと断ろうとしますが、それでもいったん弾いてしまうとどうしてもそのピアノを家に連れて帰りたくなってしまい(^^;; 結局購入。そこから、大人になってからのピアノとの付き合いが始まります。

私が、「ピアノには個性がある」を強烈に意識したのは、近所の家(こじろうの同級生のうち)にあったベヒシュタインを弾かせてもらったときでした。アップライトですが、弾き心地といい音色といい、自分がうまくなったかと錯覚するほど(^^)すばらしくて。一時間くらい独占して、弾かせてもらいましたが、ほんと幸せ~

それでまた、家に帰ってきて、いつもの自分のピアノを弾いてみると、比べてがっかりするとかではまったくなくて、むしろ、さっきのピアノを触っていたことで気づいたちょっとしたニュアンスの出し方で新しい発見があり、いつものピアノからほんの少し違う音を引き出せるような、そんな感触がありました。

それですっかり味をしめて、楽器店のフェアで「試弾会」があればわざわざ出かけていき、ヤマハ・スタインウェイ・ベーゼンドルファー・ベヒシュタイン(それぞれグランド)の弾き比べをしたりとか。試弾会は何度か行きましたが、その都度お気に入りの一台は異なります。置いてあるピアノも状態も、その都度異なりますし、そのとき練習している曲によっても感じが変わるからかもしれません。

前に音楽のセミナーを聴きに行ったとき、音大の先生で、いろんな時代のピアノを家においておきたくなっちゃった人が、七台とかのピアノをところ狭しと並べて家中がピアノで占領されている話を聞いて、まったく物好きがいるもんだと思ったけど、いやー気持ちはわかるなぁ。私も大金持ちになったらやるかも。あ、まず広い家を買ってからね。

今私がほしいのは、前回の試弾会でさわった、ベーゼンドルファーのグランド。値段も置き場所も、衝動買いできるようなものじゃまったくないから安全ですけどね。安全…いやまぁ安全だと思うなぁ…たぶん…
[PR]

by an-dan-te | 2009-05-16 08:54 | ピアノ | Comments(12)

Commented by メゾフォルテ at 2009-05-16 10:22 x
今日のお題は、土曜の朝にぴったりの素敵なお話ですね。

実家に1960年代から半世紀近く鎮座しているピアノがあります。
近年恐らく調律して居らず、音程がずれてます(汗)が、家族のような存在、大災害にあって万一破壊されたらきっと私は泣くと思います。

アンダンテさんにように日ごろ接してはいないのであまり意識していませんでしたが、個性が本当にありますよね。
親はスタインウェイと散々悩んだ結果、やはり普通のヤマハとなったそうですが(予算の関係?)、私が大好きなのはその色です。
黒にボルドーの輝き付きと言ったところでしょうか、他所で同じ色に出くわしたことがありません(もしかしたら磨きすぎで剥げてきているのかも・・・)。

今の家にピアノはないのですが、ごくたまに会社の昼休み、個室で弾ける楽器屋に行き、ちょっと触ることがあります。
「パリ左岸の・・」機会があったら読んでみようと思います。
Commented by sara at 2009-05-16 11:35 x
私も何年か前に義母に借りて読みましたよ。
パリの雰囲気を感じられる素敵な本ですよね。
その頃はでん君もグランドピアノでレッスン受けてました。
自宅は電子ピアノなんですが・・・
Commented by 雷かあちゃん at 2009-05-16 12:26 x
私もヤマハのアップライトを親に買ってもらいました。30年以上(!)昔のことですが、当時のアップライトの中では最高ランク品でした。当時の生活からみれば、かなりの贅沢だったと思います。
毎月1万円の5年ローン。現在だったらいくらくらいでしょうか、私なら、とても子供に買ってやることは出来ません。母に感謝です。
割と手入れをしていたので、今でも現役です(姪っ子に譲りましたが)。弾き続けてあげることが、ピアノに対する礼儀かな、と思います。

ベーゼンドルファーは私も最高だと思います。サロンGINZAにいかれましたか?銀座の山野楽器の中にあります。
もし、ショールームで試弾されたのなら、是非、サロンのほうにも出かけて見て下さいね。ピアノを見ているだけも、とても幸せになれる空間です。
Commented by スケルツオ at 2009-05-16 14:27 x
我が家にはグロトリアンのアップライトがあります。30年以上前に購入したもので、弾き方にもすごくムラがあるせいか、最近では音が狂うのがだんだん早まってきているようです。

主にスタインウェイの調律を専門とされている調律師さんにメンテナンスをお願いしているのですが、その方のお話だとずいぶん前からスタインウェイ、ベーゼンドルファーの新品のグランドピアノはかなり品質的にお粗末になってきているとか・・・
その方は時々アメリカやヨーロッパに足を運び、中古のスタインウェイやベーゼンドルファーの状態の良いものを日本のピアニストの方に紹介される仕事もされていました。

子供たちが手を離れたら私も・・・と以前は思っていたのですが、3人とも理系・・・。学費を全部払い終えた頃にはそんな余裕はなさそうですね(涙)。
Commented by an-dan-te at 2009-05-16 18:06
メゾフォルテさん、
そう、ピアノって、家族のような存在になっちゃうんですよね。
前に、ベヒシュタインのアップライトに私が惚れ込んで舞い上がっていたときに、買い替えだったら(置くスペースには変わりがなく、ピアノを買うのにかかるお金だけなので)近い将来にOKという話になったのですが、結局、今のピアノを手放すのは考えられなくて、ぽしゃってます。

昼休みに楽器屋ですか!! 思いつきもしませんでした(o_o) 思いついても、周りになんにもないところなので、行って帰ってこれなそうですが…
Commented by an-dan-te at 2009-05-16 18:12
saraさん、
いい本ですよね~
レッスンがグランドピアノだと、ちょっとそれだけでも楽しみです(^^)
二個所で習ってるうち、片方がグランドなんだけど、バイオリンを始めるときにやめようと思ってるほうがグランドなんだよなー。
Commented by an-dan-te at 2009-05-16 18:17
雷かあちゃんさん、
最高ランク品ですか!! それは使い続けてあげないともったいないですね。ピアノはほんとに長持ちするので…私が、「定年のころまでには良いピアノを買いたい」といったら、調律師さんが、それだとピアノの寿命のほうがずいぶん余っちゃう(!)からもったいない、もっと早く買ったほうがお得ですよ、だって(笑)

ベーゼンドルファーは、ヤマハの教室もやってるくせにヨーロッパのピアノを多数揃えている某楽器店の試弾会で弾きました。ベーゼンドルファーのショールームにいくのと違って、ヤマハとスタインウェイとベヒシュタインとぜんぶいっぺんに弾き比べられるんでとても幸せなのです。でもさすがにカワイは置いてなかったよ(^^;;
Commented by an-dan-te at 2009-05-16 18:20
スケルツオさん、
グロトリアンは弾いたことないなーどんな感じなのかな(わくわく)。
よい中古はとても良いだろうなと思うのですが…特に標題の本を読んだりするとね。でもそれこそ「パリ左岸のピアノ工房」でもないと出会いが難しそうですね。

> 3人とも理系・・・。学費を全部払い終えた頃には
うぅっ。。
子ども、高いですよね~ピアノよりずっと(爆)
Commented by 銀色うさぎ at 2009-05-16 22:37 x
アンダンテさん、こんばんは。先日はありがとうございました。
アンダンテさんのお宅のピアノ、おっしゃるように元々「当たり」だっのかもしれませんが、
きっとご家族が、弾きやすい、いい音色のピアノに育てられたのですね♪

ベーゼンドルファー、ほんと、いいですよねー。私も欲しい!
がー、我が家は狭いため、今はそれどころではないんです(;;)。
3人の子どもたちで部屋は埋まり、
私のグランド(ヤマハ)も実家に預けっぱなしで、
普段はヘッドホーンつけて電子ピアノでガマンの現状(泣)。
定年後、子どもたちが巣立つのが、待ち遠しい~。
Commented by an-dan-te at 2009-05-17 08:10
銀色うさぎさん、
ピアノは「育つ」から手放せなくなっちゃうんですよね。ベヒシュタインは欲しかったけど、買い「替え」は考えられなかったもの。

グランドをお持ちなんですね!! うちも、子どもの人数が減ったら(二人くらい巣立ったら?)グランドが置けないかしらんと画策してますが…よしぞうは別のことを考えてるかも(^^;;
Commented by エレガンテ at 2009-05-18 07:31 x
ピアノネタにはすぐ食いついちゃいます。
我が家のピアノは中古、それもヤマハの中くらいのもので、なんとなくコンプレックスがあったのです。
でも調律師さんに同じこといわれました。
この時代のこのレベルのものなら今のヤマハの新品よりずっと作りもしっかりしてるし、いい音ですと。
部品も”木”を使ってる部分が昔のほうが断然多いんですって。
大事にしてあげればピアノは一生もの。もっとこのピアノを好きになってあげないと!といわれてはっとしました。
それ以来、ピアノのせいにしないで、音の出し方にこだわるようになりました。
でも去年の発表会のピアノがベーゼンだったのですが、ホールの音響設備も手伝って、ほんとに自分が上手くなった気がしました。
私も宝くじあたったら、即、グランドピアノ買います。
家族の賛成が得られるかどうかは別として。。。。
Commented by an-dan-te at 2009-05-18 16:02
エレガンテさん、
古いヤマハはなかなか良いですよね。音楽教室にあるヤマハは、新しいからか、弾きすぎだからか、調律師さんが下手なのかなんだか知りませんが、たいがいあまり良い状態ではないです。もっとも私はある程度「うちの子」を贔屓目にみていると思いますけど(笑)

グランドピアノは憧れですよね~
宝くじ当たったら…まず家から広くしないと(^^;;

<< 【中学受験】勉強場所は、子ども... 【中学受験】週のリズムに乗ること >>