「ヒカ碁」一気読み直し   

うちにある「ヒカルの碁」の漫画は、最近買ったものではなくて、ちゃんと(?)ブームの頃に買ったものだ。

だから、もう何度も読んでいる。読んでいるんだけれども、今回久しぶりに手に取ったらつい一気読みしてしまった。ダブル受験中の最後半年、ベランダのストッカーに漫画を大量に「封印」していたものを、今ぼちぼち戻して本棚に片付けているので、その一環である。(つまり、片付かない。)

Sai (ヒカルにとりついた、碁がむちゃくちゃ強い幽霊) とヒカル、どちらの碁の能力が表に出た結果かというからみ合い、アキラ (ヒカルの目標&ライバル) とヒカル、推し量れない強さにおびえつつ闘士を燃やしつつのからみ合い、そしてどってことないはずのサブキャラがいちいち個性的であることの魅力 (囲碁部の金子さんとか) まで。どこをとっても濃い魅力でぐいぐい惹きこんでいく。

そして、ヒカルがどんどん自分自身の実力をつけてプロに近づいていくのと並行して、Saiの存在が危うくなる不安が増していき、そしてついに消える瞬間の晴れ晴れとした深い寂しさ。明るい窓が印象的なシーンである。さらに、Sai が消えちゃったらこの漫画は成り立たないのでは?? という下世話な心配を吹き飛ばし、伊角のスランプ脱却とヒカルの立ち直りがからんだ対局のシーンまで持っていくところは圧巻である。

こんな力強い漫画が将棋にも出たら、今妙にごたついてる将棋界も、暗雲を吹き飛ばして明るい未来を引き寄せられるかと思われるのだが、これまでのところ、子どもにも大人にもこんなに魅力的な漫画はないな。

ヒカ碁がブームになったときは、ほんとにすごかった。またろうやこじろう(小学生だった)の周りも、「碁をやってみたい子どもがたくさんいた。あちこちで囲碁入門教室が開かれ、子どもが出る大会は軒並み参加人数が膨れ上がった。

またろうとこじろうも囲碁をやりたいといったが、継続的に通えるほど近い教室がなかったので、自前で囲碁教室を開いたことがある。

・会社の囲碁部にメールを出し、ボランティアの先生を募集。
・ボール紙とプラ石の安い囲碁セット(ヒカ碁入門セットとして数百円で売っていた)を大量買い。
・団地の集会所を会場としておさえる。
・小学校前でビラを撒いて生徒募集。

それでつんぐりもんぐり一年くらいはやっていた。疲れたけど楽しかった。またろうとこじろうもいちおうルール+アルファを把握したし、友人たちの何人かも同様なので、学童などでも打てるようになった。

こういうミニ教室をやる場合、一番のネックは先生でも資金でもなくて、実は生徒の参加のきまぐれである。無料の教室の場合は、来るときはどっと来て、来ないときはまったく来ないという調子で、人数が読めないのだ。

先生はずっと確かで、アポをいったん取ればまじめに来てくれるが、それでも急な都合(病気含む)はないでもない。先生が来て生徒がいなかった場合、生徒が来て先生がいなかった場合、どちらも気まずいことになる。

我が家がやった囲碁教室がなんとかやれたのは、我が家の中だけですでに四人(はなひめ除く)の人材がいたからだ。生徒が来ないといっても最低限またろうとこじろうがいるし、よしぞうと私は、人数状況によって、あるときは先生に、あるときは生徒になって(!)調整することができた。

よしぞうは中高のとき囲碁部にいたことがあり、あまり熱心ではなかったらしいが弱い初段くらい。私はルールを知ってるだけの超初心者だが、子どもがあまりたくさん来たときは、ルール指導や、石取りクイズを出したり、子ども同士の対局の決着をつけたり (紛争を解決し(^^;; 地を数える手伝いをする) できる範囲で対応した。

ボランティアで来てた先生は、ほんとに強かったので(六段)、子どもがほとんど来ないときはよしぞうも教えてもらうことができた。

そこまでやったわりに、我が家に囲碁が根付いているかというと現在そうでもないところがなんなのだが。またろうは中学時代、友だちが家に来るとけっこう打っていたみたいだけど、囲碁部創設は失敗したし。今はロボコンしか頭にないし。

私自身も、囲碁は「そのうちやりたいことリスト」のかなり上にランクインしてるのだが、ピアノ→バイオリンのさらに次くらいだからなー。そのへんに手が回るときは50歳を超えているだろう。

囲碁教室をやって私にとっていちばん役に立ったことはむしろ仕事面だったりする。我ながら、根っからのコーディネーター気質なんだなぁと自覚して、そういう仕事を増やしたから(笑)
[PR]

by an-dan-te | 2009-04-24 07:36 | 生活 | Comments(13)

Commented by あしじん at 2009-04-24 08:52 x
おお、ヒカ碁!!
これ、私はブームの時は、読んでなくて、アニメも見てなかったので、ずっと、内容は知りませんでした。(子供も小さかったし) 
で、3年生くらいになって、将棋が好きになったので、そろそろ囲碁もいいかなと思い、まずは漫画からでしょうと一気買い。子供もはまったけど、私もダンナもはまりました。おもしろいですよね~、あの漫画。読み始めると止められず、全員で一気読みしました。私はSaiとアキラくんの対決、Saiと塔矢名人の対決場面がゾクゾクするほど好きです!
アンダンテさんも好きって聞いてうれしいです~。
Commented by nonchan at 2009-04-24 10:19 x
ヒカ碁ブームに乗っかって囲碁始めた親子がここにも(^^)
全巻、収納ケースにしまいこんであるので、また封印を解きたくなってきました・・・
Commented by DOLA at 2009-04-24 11:17 x
ヒカ碁の影響でうちは大会で日本棋院まで行っていたクチです。
うちは親も結構入れ込むタチなので(苦笑)
当時それが3年以上続きましたけど、今現在我が家に根付いてるかというと、全く全くそうでもないし、「集中力が付く」とか言われているような効果もどうだったんだか??って感じですが(苦笑)
Commented by mamu at 2009-04-24 11:18 x
うちも大好きですよ〜!
私がすっかりアニメではまりましたね〜。
今、娘はお小遣いでデラックス版を集めてます。
小畑先生の絵は美しい〜。
Commented by クローン2号 at 2009-04-24 11:53 x
うちは、下のポンすけの、近所の公民館の無料囲碁教室通い→ヒカルの碁、という順序だったうえに、次の一冊を楽しみにしておいて、気まぐれ~に買ってやっているので、まだまだ全巻揃うなんていってませんが。
囲碁教室は、ぽつぽつと、行ける時だけ(って、先生にとってはご迷惑なんでしょうが、ありがたい)続いているので、夜に、ふっと時間があいた時なんか、「久しぶりに一局打とー」なんぞと、女子小学生らしからぬことを言ってくるので、おもしろいです。(もう、最近は、何目か置いてもらってますが)ドリーも、どこで習ったのか、一応、対局してますね。
頭が良くなるっていうのは、どうなんでしょうねー。やったから頭が良くなるわけではなく、もともと考えたりするのが好きな人が始める場合が多いので、囲碁やってた人の中には、所謂「頭のいい人」が比率的に高くなるんじゃないの?って思ったりします。
囲碁は、将棋と違って、踏んでも痛くないし、何より、ちょっとくらいなくなっても大丈夫なので、ストレスがなく、我が家向きです(^_^.)
Commented by an-dan-te at 2009-04-24 14:19
あしじんさん、
ほんとすごいですよね。絵も内容も。女の子はかわいいし、成長したヒカルはかっこいいし、その一方でおじさんの描き込みも半端じゃないし、隅々のキャラまで「立って」ます。

倉田さんとかは番外編までおもしろいし、一柳さんがネット碁で本物の塔谷さんに当たったときの話してるとことかも好き。碁打ちが、トッププロから碁会所のおじさんから中学の部活までみんなそれぞれに魅力的ですよね。碁が流行ったわけだよな~

私、リアルでは張栩が一番好みなんですけどね(笑)
Commented by an-dan-te at 2009-04-24 14:23
nonchanさん、
入り口としても楽しいし、盤面もしっかり作ってあって、碁を知ってる人でも楽しめますよね。漫画としてはわりとおもしろいものでも、その業界で詳しい人がみると噴飯物という場合もあるじゃないですか。

封印といたらまた読んじゃいますよ~(^^)
Commented by an-dan-te at 2009-04-24 14:24
DOLAさん、
日本棋院まで行きましたか~
集中力、どうだか知らないけど、うちの場合は集中力を磨けるほどのところまでつっこんでないことは確かだな。
Commented by an-dan-te at 2009-04-24 14:26
mamuさん、
デラックス版、今じつは気になってるんです。
全巻もってるのに今更これはないだろうという理性と、アクマが戦ってます(^^;; きれいなんだもん。
Commented by an-dan-te at 2009-04-24 14:29
クローン2号さん、
> 踏んでも痛くないし、何より、ちょっとくらいなくなっても
> 大丈夫なので、
あっ。。確かに。
うちの将棋の駒、香車の代わりに十円玉とか置いて使ってますもん。

超難関校が囲碁でも強いけど、
> やったから頭が良くなるわけではなく、もともと考えたり
> するのが好きな人が始める場合が多いので、
そんなとこですかね。まぁ、実利を求めるんじゃなくて、楽しければいいのだ。
Commented by nonchan at 2009-04-24 14:51 x
すみません、「香車の代わりに十円玉」にウケてしまいました(^^;;
うちはなくなった駒の代わりはダンボールの切れ端に「歩」とか書いて使ってました。(ありがち?)
Commented at 2009-04-24 18:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2009-04-24 22:15
***(18:54)さん、
しましたか~大人買い(^^;;
碁会所はなかなか、子どもを送り込むにしては煙が気になりますよね。
小学校のクラブ侮れませんね(o_o;; すごい。

私も囲碁はさっぱりわかった感じがせず、どうもね~どこかでまとめて熱心にやらないと、初心者の壁を越えられないな。将棋は大盤解説会を楽しめるようになったけど。

<< こじろうと体育会系(和太鼓の話) それであの…宿題は?? >>