スキー教室はなんのため??   

…もちろん、親の休息と家の片付けのためである。

今回、子どもたちが行ったスキー教室は、またろうが幼児のころからお世話になっているスポーツクラブ主催のもの。このクラブは、保育園で「体育」の時間を受け持つ先生を派遣しているんだけど、その他に希望者には土曜日で園庭でスポーツ教室を開いていた。

またろうは、幼児から小六まで。こじろうは、幼児から小五まで。はなひめは、幼児の間だけ。それぞれ、土曜日のスポーツクラブに通った期間は違うけれども、とにかく昔からのお馴染みさんであることに違いはない。

だから、またろうがまったりしていることも、こじろうが片付けられないことも、はなひめはすべての行動がいちいち優柔不断なことも、すべて含みおいたうえで預かってくださるので、親としては安心して冬に春に、それぞれのスキー教室に送り出してきたのである。

冬は年末、春は年度末、それぞれたいへん気ぜわしいときに、子どもが全員いない日があるというのはたいそうありがたい。

なにしろ、
私が床から鉛筆を拾って所定の引き出しに片付けたら、それは次の日もそこにあるのだ。
…うれしい。

世の中、収納のコツは星の数ほどあるかもしれないが、「子どもがいない」ことほど効果的なものはない。

日曜日は、高校野球を見ながら、体操着の整理をした。これまで、三人がばらばらと同じ小学校を通過する中で、いろいろなサイズの体操着に、いろいろな名前がついたりちょっとはがれたり、あるものはほつれたり、あるものはもう誰も着られないサイズだったり、今は使わないけれどはなひめが今後使うサイズだったり。

そこで、家中にある、小学校指定の体操着という体操着を一堂に集めて、きたなすぎるものを捨て、誰も着られないものを捨て、「イキ」のものにはなひめの名前をつけなおし、へろへろになった帽子のゴムは取替え、という作業をした。

こういう作業は、どーっとお店を広げて一気にやってしまいたいので、まわり中が他のものでも散らかっているとか、子どもにちょくちょく邪魔されるときは適さない。その他、お道具箱の中のものの点検補充などの作業も同様で、こういうのがまさに「スキー教室」向き。

作業がひと段落したら、いつになく広く見える(床が隅まで見えているせいだ)リビングで、ゆっくりお茶をするのなんかもたいへんよろしい。

で、確かに、日曜日はそのように快適に過ごしたのだけれども、月曜日は会社にいかねばならず、火曜日にはもう帰ってきてしまった。帰ってくればまたどっと洗濯物と荷物が吐き出される。二泊三日は短すぎる(*)。

ところで、子どもたちは毎年毎年、二回ずつスキーをしているのだが、親は一度も、子どもがスキーをしているのをみたことはない。またろうが中学校のスキー合宿にいったとき、クラスメイトたちがすごく驚いた(ふだん、スポーツからっきしの子がスキーだけは上手だったから)という証言があったけれども、それがどの程度のものなのかは全然わからない。

上記のような趣旨でスキー教室を利用するだけであったら、今後も見る機会はないことになるが…??

(*)いつも、春スキーは二泊、冬スキーは三泊だった。それが、前回から冬スキーも二泊になってしまい(経費節減?)たいへん残念である。

今日の献立:
あじの開き、ウインナースープ(大根、小松菜)、めかぶ、ごはん、りんご
[PR]

by an-dan-te | 2009-04-01 07:20 | 生活 | Comments(4)

Commented by セロリ at 2009-04-01 13:45 x
うちも、年末大掃除に「スキー教室」利用してます! 子ども回りはすっかりきれいになったのですが、自分の机まわりと、クローゼットはまったく片付かなかった、、、。ということは、「誰か私が出かけてるあいだに片付けて~」
Commented by yoyo at 2009-04-01 19:38 x
スキー教室は、毎年必ずあって、3人一緒に行ってくれるので、とてもいいですね。
我が家は同様の趣旨で、キャンプに出していたのですが、
去年からchobiは、サッカー合宿に2回も行くので、キャンプは行かなくなり、pinkは行きつくした結果、行きたい所がなくなり…。

二人ばらばらにいなくなるのでは、ありがたみは9割なくなりますね(--〆)
Commented by an-dan-te at 2009-04-01 21:32
セロリさん、
やはり掃除といえばスキー教室ですねっ(^^)
> 「誰か私が出かけてるあいだに片付けて~」
あ、確かに。それだ!!
私は、机周りはともかく、クローゼットが苦手だな~なんかふんぎりがつかなくて。誰かが、私のいないあいだにばっさりと「ここ一年に着たものだけを並べてみました。すっきり見通せるようになったでしょう」って無駄なく機能的なクローゼットに整えてくれたら、「確かに、この残りの山は捨てるべきかも」と思えるのかな…(妄想モード)
Commented by an-dan-te at 2009-04-01 21:35
yoyoさん、
そうか、サッカーがあるから行き先が別々になっちゃったんですね。
> 二人ばらばらにいなくなるのでは、ありがたみは9割なく
> なりますね(--〆)
そーだそーだ。

昔、子どもをスポーツクラブ主催の林間につっこみ、親は親で横浜の花火を見に一泊、なんてのをやったことがあるんですよ。でもその次に同様の企画をしたときに、はなひめの熱で頓挫して、それから挫けてしまったんです…

<< お持ち帰りで一回休み この靴下だれのよ!? >>