英語の先取り、する??   

中学受験終了後、先取り学習を着々と進めていらっしゃるご家庭もあることでしょうが。

うちでは、こじろう任せで放置できる公文を選択して、ぬるぬると進めているのはすでに書いたとおり。

こじろうは口では、「いやだ~やらな~い」とか言ってたが、実際は催促されなくても毎日分を着々とこなし、CDもかけてきちんと復唱、「Apple, please.」などと、少なくとも傍から見てると楽しそうにやっている(^-^)

それはたいへん結構だが、始めた教材は「D」教材、このまま順調にやっても中学教材「G」には到達しないまま中学の授業が始まってしまう。まぁやらないよりはいいんじゃないの? アルファベットを書く練習も多少はしているようだし。でもこれって先取りじゃなくて後取り!?

聞くところによると、学校によってはどっさりと春休みの課題が出ていたりするそうだ。こじろうの学校も、入学準備説明会に行ったらなんか言われるのかもよ。と、思っていたが、「四月号の基礎英語から毎日聞いてください」だけだった。

教科書は「ニュークラウン」と「トレジャー」を使うとのことだが、ということはほとんど実際には「トレジャー」なのかな? 学校でやるものを使ってしまうと新味が薄れるから、「ニュークラウン」のほうをちょっと見てみましょうかね。

そこで、帰りに本屋に寄って、「ニュークラウン」の教科書ワークを買ってきた。

公文もそのままやるので、プラスの課題にかかる時間は一日五分以内がこじろう基準で受け入れ可能な範囲か? と考えて…こんな感じでやってみている。

3/7(土) ワークの見開き2ページ(挨拶の選択と単語の選択・書き写し)
3/8(日) ワークの見開き2ページ(アルファベットの練習と授業で使う指示フレーズの選択)
3/9(月) Lesson 1 の本文見開き2ページをノートに書き写し
3/10(火) 昨日書いた分の和訳をノートに書き、和訳を見ながら英文を言う
3/11(水) 同じく、和訳を見ながら英文を書く (書けるようになるのか??)
...

目標は、対訳を見開きに書いたノートを作って勉強する方法を体験することと、簡単な単語や文を写せるようになること。

今日の分をチェックしたら早速、母が指示したページ(上には「Lesson 1, 3/9」と書いた)ではなく、その前のページ(見開きになってない1ページ目)に「ぎっしりと」書いてあった。1行1文にして、余ってても詰めないこととか今朝ちゃんと説明したのに。人の話ちっとも聴いてねぇ(-_-#

で、早速書き直させたが、「Hello, Paul.」くらいの文であっても、慣れないので綴りを写し間違えたり、カンマを忘れたりと結構練習のしがいがあるようだ。1日5分の「自称先取り」でスムーズなスタートが切れるのか??
#っていうか、まず「Lesson 0 人の話を聴け」ってとこがちょっと難

* * *

これまで、すべて親がかりで中学受験の勉強を漕いできたところ、急に手を離すと転ぶと思うので、とりあえず一学期は助走期間として、基本的な勉強の組み立て方、定期試験の準備の仕方などについてアドバイスしつつ見守りつつ、二学期以降の自律・自立を目指す予定(またろうも同様)。

そして、秋には四十の手習い第二弾、長年のあこがれである「バイオリン」を始めるというプランです!!
あ~言っちゃった…
まー、宣言したほうが実現すると思うので…


今日の献立:
ほっけ、がんも・とうふ・青梗菜・葱の味噌汁、昆布煮、ごはん、糠漬けきゅうり、りんご
[PR]

by an-dan-te | 2009-03-09 20:38 | 中学生活 | Comments(16)

Commented by 雷かあちゃん at 2009-03-09 22:14 x
「バイオリン」ですかあ~♪。素敵ですね。

実は私も”老後”の楽しみは、高校受験のため止めたピアノの稽古を再開すること。
息子達の教育資金稼ぎを終えたら、、、のことですが(……遠い目……)

バイオリンってすごく人間の声に似ていませんか?
自分で弾こうとすると、その、人の声になる手前の「騒音」ともいえるような音と格闘しなければならないような気がするんですよね。
それで私は、自分はダメだなって思ってしまうんです。

でも、あこがれの楽器を始める、うらやましいですう。
「有言実行」でいきましょう。
Commented by Yoko at 2009-03-10 00:19 x
おおっ♪バイオリン~~♪

実は、前々からアンダンテさんちのホームコンサートに憧れていたのです^^
うちでもできないかな~と思ったりもするんですが、音楽は子ども任せ(?)で自分の芸がないもんで、なんだかへんてこなお楽しみ会みたいなのしか、わが家ではまだできたことありません。
いつか呼んで下さい^^v いや、呼べるようにこちらが頑張るべき?

ところで本題の方に戻って。
作戦を読んでいて、自分が初めて英語を勉強したときのことをリアルに思い出しました。
そう、はじめは雲をつかむようでした~!!
見開きノート、思い出します。ああ、なつかしー。
そっか、来年には私も息子に伝授しなければ!なんだなぁ。
Commented by ania at 2009-03-10 06:02 x
バイオリン♪
すばらしいですね~。

といっても私は低音好きなので、コントラバスを数年前から習っています。
しかし図体が大きいので持ち運びにもままならず、上達しておりません...。
チェロくらいにしておけばよかったかも、とちょっと思ったりしています。
Commented by エレガンテ at 2009-03-10 07:33 x
こじろうくん、着々と中学入学準備が進んで英語まで
手を付けててすごい!
うちは、中学入学と同時に手を離しすぎて、中学の勉強の仕方を自分なりに習得するのに1年以上かかりました。ま、今となればそれもよかったかも、、、と思えますが。
さて、アンダンテさん、ヴァイオリンですかぁ?
ピアノと二本立て?
私はいまベートーベンソナタ練習中です。
Commented by an-dan-te at 2009-03-10 07:55
雷かあちゃんさん、
> バイオリンってすごく人間の声に似ていませんか?
そうですよね~
音の出し方が、まったくピアノと違うので、すごく興味あります。

ピアノはもう、生きている間ずっと続けたいと思うのですが、別の楽器を体験してみるとピアノにもまた新しい発見があるかなと。

バイオリンをいまさら始めて、バイオリンとして「どうにかなる(人に聞かせられる)」とか思ってるわけじゃないですけどね(^^;;
Commented by an-dan-te at 2009-03-10 08:01
Yokoさん、
ホームコンサート、4/4(土)の午後3:00からの予定です。演奏レベルは…ごにょごにょ…音高に合格した二人を除いてあとはアニメ曲とかそんな感じですが、ご興味あればどうぞ(^-^)

非公開コメントでご連絡いただければ折り返し場所など詳細をお知らせします。

英語、やり方をつかめないままですごして「へぇ~、これって覚えなきゃいけなかったの??」と半年くらいたってから気づくとキャッチアップがたいへんかなと(笑) 勉強の仕方さえわかってれば先取りはなくてもいいと思うんですけど。
Commented by an-dan-te at 2009-03-10 08:08
aniaさん、
コントラバスとはまた、思い切って低音に(^^)
確かに、持ち運びたいへんそうですね。
みてるとかっこいいですけど。aniaさんはクラシック系? ジャズ系?
Commented by an-dan-te at 2009-03-10 08:15
エレガンテさん、
> 1年以上かかりました。ま、今となればそれもよかったかも
> 、、、と思えますが。
そうですね~たぶんそれはそれで大事なことかと。
私がせっかちなんです…

二本立てというか、ピアノがメインでバイオリンは長めの体験みたいな…いやどうなるかわからないですけど。やってみないと。

今、フォーレをあきらめて(4/4に間に合わない…)ショパンのノクターン18番に戻ったところです。
Commented by nonchan at 2009-03-10 16:44 x
おおー、バイオリンですか(^^)
私は子どもの時、ピアノを先に習い始めて後からバイオリンを習ったんですが、それはもう、目からうろこの発見がいろいろありましたよ。
ものすごくしょうもないところでは、指番号1はピアノでは親指だけどバイオリンでは人差し指だとか、バイオリンの楽譜には全音符にクレッシェンドがついてる!とか。
もちろん、そんなしょうもないことじゃなくて、もうちょっと音楽的な(^^;)発見もいろいろあると思います。楽しんでくださいねー。
Commented by an-dan-te at 2009-03-10 21:44
nonchanさん、
> 全音符にクレッシェンドがついてる!
ピアノじゃ後から大きくはなりませんもんね(ま、気持ちってことはあるけど)。

楽しみです!! 実現までにはいくつかのハードルをクリアしないといけなそうだけど。比較的手近な夢として。
Commented by ania at 2009-03-10 21:49 x
>aniaさんはクラシック系? ジャズ系?

まだ教則本系です(-_-;)。
(教則本はクラッシク系。教わっている先生はクラッシクからジャズまで)

でもクラッシクもジャズもアルゼンチンタンゴもロカビリも、他にも分野問わず好きです。

「どんな音符を鳴らすか」よりも、「その音符をどのように弾くか」、
に楽しみを見出しているのでクラッシクの方が楽しめると思います。
大学ではオケやってましたし(管楽器ですが)。

今までは勇気とか思い切りとか(時間も)がまだ足りず
一度も持ち運びしていないので、
「ジムで筋トレ」的な楽しみ方をしています。
でもこれもまた不思議と楽しいです。
Commented by ゆかりしょう5まま at 2009-03-11 02:20 x
うわっ!なんとタイムリーな話題なんでしょう!
うちも、中学英語導入用の教材を探しに本屋さんに行ったけど、適当なものがなくて
結局、「教科書トレーニング」を買ってきました!
(教科書〇〇っていっぱいあるんですねぇ?その本屋さんには、4種類ありました!)
教科書(ゆかりの中1の時の「トータルイングリッシュ」と当時購入したCDもあった!)
毎日、見開き2ページづつやろう…もちろん復習の日もありで、
先取り?目標!春休み中に40ページ?…と、計画
(4線ノートも、ゆかり用にまとめ買いした残りがあった!)
いまのところ順調…???やる気満々でやっています!(おだてるのも大変!)
Commented by an-dan-te at 2009-03-11 07:01
ゆかりしょう5ままさん、
やる気満々、そうなんですよね~今は。このやる気がいつの間にかつぶれちゃうのがもったいない(笑) 英語楽しいよね!?

面倒なとこもあるけどおもしろいな…くらいで続いてくれたらいいなと思うけど。
Commented by an-dan-te at 2009-03-11 07:53
aniaさん、
弦楽器は、音を作るところが長いですもんね。
> 「どんな音符を鳴らすか」よりも、「その音符をどのように弾くか」、
> に楽しみを見出しているのでクラッシクの方が楽しめると思います。
わかる気がします。
aniaさんは管の経験もあるんですね。私も大学時代はフルートやってました。鍵盤(ピアノ)管(フルート)打(和太鼓)ときたらやっぱり弦もやってみたいなと…

「ジムで筋トレ」(^^) 今不思議と公文楽しんでます。
Commented at 2009-03-11 09:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2009-03-11 18:10
***さん、ありがとうございます。やはりニュークラウンは学校では使わなそうですね。ちょうどよかったです。
クラス増があることについては説明会でちらっと話がありましたが、そんないきさつだったんですね。なかなか学校側も難しいものですね。

うちも、はなひめには大学受験ありのところにしよう、と思ってたりします(^^;;

<< たまには都会に 本の海をわたる >>