N塾にしてよかった   

うちから通える範囲に、S塾・N塾・I塾とあり、その中からN塾を選んだのは、さして深い理由があってのことではなかった。

御三家狙いじゃないからS塾はなくて、またろうと違うほうがいいからI塾じゃなくて、というくらい。N塾について事前にちょっと心配だったのは、塾滞在時間が長いこととお弁当が必要なこと。

お弁当については、本人が作る・兄が作る・朝作っておく・買い弁するなど、とにかく何とでもなるもので、やっているうちにすぐ気にならなくなった。

塾からの帰りが夜9:30とかになってしまうので、お風呂に入ってちょっとぐずぐずしているとすぐ10時を回ってしまう。これはあまりよくないことだと思ったが、この点については他塾でも大差はないようだった。

塾滞在時間が長いということは、その時間でやったことが身にならないとたいへんなことになってしまうのだが、こじろうはわりと集団授業でやったことを聴いているので、それなりにプラスに働いているようだった。家にいてもどうせフォローできる時間は非常に短いので、これは好都合だ。

塾で勉強したことを、「栄冠への道(という名前の、家庭学習用問題集)」で復習して、テスト。テストは解答用紙も含めて即日持ち帰れて、翌日には結果がでる。やりたてほかほかのテストをその日に直せるのはとてもよい。この「週のリズム」に慣れると、じわじわと成果が出てきた。

テストの結果で、即、席順が変わったりするのは、嫌な子もいるだろうけど、こじろうは励みにしているようだった。一方、組の昇降については、数回のテストを参照しつつ、本人の志望校や意向も考慮しつつ、ねばりを持って対応してもらえるので、必要以上に気にしないですんだ。

カリキュラム、教材、スケジュールなども比較的シンプルで、ダブル受験であっぷあっぷしている母でもなんとか対応できた。できた、というか…家は「紙洪水」だったけど…S塾もI塾もプリントが多いのでもっとたいへんなことになっていたに違いない。

そして、私がとりわけN塾に信頼を寄せるきっかけとなったのは、室長先生との面談だった。電話の相談で一回、個人面談で一回お話をしたのは、ちょうど新六年になるころ、クラスを上げてもらうかどうかという時期だった。先生が、こじろうの特徴をよく把握してくださっていることと、それを踏まえて、とても納得のいく、プロとしてのアドバイスをくださることに感服した。

その後、併願を考えるときに一回、さらに年末にいろいろ不安になったとき一回と、卒塾までには都合三回の面談をしていただいたことになる。私がN塾というとまず思い浮かべるのは室長先生の顔になった。本人は各教科の先生の顔のほうがなじみがあるのかもしれない。

今日書いたことは、他塾との比較検討ではない。他塾のことは知らないからだ。
いずれにせよ、受験を終わるときに、「○塾にしてよかった」と言えるのは、幸せなことである。

* * *

一年か二年おいて、はなひめを入塾させるとすれば、こんどこそ、いろいろわかったところで比較検討をしてみたらどうだろうか? とも思ったのだが…よしぞう曰く、「翌日にテスト結果出ないとこはどこもアンダンテが耐えられないんじゃないの? せっかちなんだから」。はい、おっしゃるとおりです。

というわけで、うちが再度中学受験するとすれば、リピーターになる率が高いのかな。。

今日の献立:
塾へ挨拶に行った流れで外食。居酒屋でいろいろ。

by an-dan-te | 2009-02-07 07:54 | 中学受験 | Comments(8)

Commented by sara at 2009-02-07 10:42 x
こんにちは。
うちはN研半年通いましたが、
テキストがしっかりしている事、テストの見直しが直ぐ出来て、2日後には採点がHPに掲載されるシステム、そして、落ち着いた先生方の雰囲気。
どれも、我が家に向いています。
クラス替えはほとんど無く、テスト毎の席替えだけというのも、子供のモチベーション的には丁度良いみたいですね。
本当は、個人面談などあると、なお嬉しいのですが、、、
積極的でない私は、保護者会でも質問できません。
塾に任せて、弁当作りとお迎えのサポートのみで、しばらく静かに見守ります。
Commented by an-dan-te at 2009-02-07 11:07
saraさん、こんにちは!! 個人面談は、お願いするとすぐやってくれますよ。こちらから言わないと何もありません。そういう距離感もうちにとっては快適でした。

今日は「合格酒」もって挨拶にいきます。
Commented at 2009-02-07 11:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2009-02-07 11:48
***さん、はじめまして。ありがとうございます。
N塾は、たとえばうちのまたろうだったら全然合わないと思うし。
ほんとに、子どもに合っていることが一番ですね。
なかなか、入る前にはわからないところがつらいけれども…
Commented by 二人目終了の保護者 at 2009-02-07 18:32 x
私もN塾のリピーターです。

私はどちらかというと理系なので、データが大好きです。
ですので、いろいろなデータを見る事が出来、自分でそれを
あーでもない、こーでもないと偏差値表や子供のテスト結果と
にらめっこしながら、受験のストレスを自分の楽しみ(?)に
変えていました。(笑)

私の場合は定期の個人面談以外は個人面談をお願いした
事はなかったのですが、お迎えや近くに行った時にカウンター
越しやそばのテーブルでいろいろ相談にのって頂いていました。

あれは他塾ではなかなか出来ない感じがします。

追記
前職の時、アンダンテさんの会社のH事業所が出来て間も
ない頃、御社の役員の方に事業所内を案内してもらった事が
ありました。
Commented by an-dan-te at 2009-02-07 20:51
二人目終了の保護者さん、
私は、データ「大好き」じゃなくて「好き」くらいかな。とても多聞さんや半兵衛さんのような領域には踏み込みませんが…
N塾はデータ充実していてその点ばっちりですね。

そういう日常的な相談というのは、自然に細かいところが聞けていいですよね。保育園の先生としていたみたいな。うちは、塾が数駅先にあって、お迎えはバス停までしかいかなかったもんで、ほんとにわざわざ行かないと会うことがなかったんです。

今日、お礼に行って、合格短冊を見てきました。N塾全体では景気悪いらしいですけど、その校舎は快調でした。知っている子はだいたい狙ってるところに通ってたし。みんながんばったなぁ、と感動しました。
Commented by めだか at 2009-02-09 08:47 x
校舎はどうだったか気になってたのですが、快調と聞き
嬉しいです(^^)室長さんも一安心かな。
挨拶は今週にでも行こうかと思います。
個人面談の時に「公立でも・・」と私が弱気な発言をした時に
「でも合格しなければなりません!」と
あのいつも落ち着いた雰囲気の室長さんが
いつもとは違った強い口調で言われたのが印象深いです。
 
アンダンテさんはN塾もう1回ありそうですね?
娘さん、お兄ちゃん達以上に賢そうですし(^^)
うちの次男はまたろう君みたいな大物ではないのですが、
注意力散漫で中学受験には間に合いそうもないので
公立中学に進学予定です。本人のためにもその方がよいかも。
Commented by an-dan-te at 2009-02-09 14:08
めだかさん、こんにちは。
> 室長さんも一安心かな。
そうですね! N塾の中でも教室ごとに比べられるんでしょうから。

N塾、たぶんもう1回、ありそうです。

今回、高校受験と中学受験と両方間近で見せたので、どちらでも選んでいいよとは言ったのですが、またろうがあんまり内申で苦労したのでビビってるらしい(笑)

でも、またろうとはなひめはキャラも違うしね。実際、そんなに参考にはならないんだけど。はなひめは中学受験に向いてそうな気がする。

> 公立中学に進学予定です。本人のためにもその方がよいかも。
ゆっくりタイプの子はやっぱり待つほど味がでてきますよね(^^)

<< 塾と家庭の役割分担 昔、作文が嫌いだった >>