ストレス解消? ストレス蓄積? テレビゲーム   

最近のこじろう/またろうの「ハマリもの」にテレビゲームがあり、着々とファイナルファンタジーが進んでいることは前に書いた。ファイナルファンタジーがいちおうエンディングまで来たあとは、ここにスーパーロボット大戦が加わった。

ゲームをする時間を確保したいがために、こじろうの勉強が非常にスムーズに進む、ということはたいへんよろしい。そもそも、同じ量の勉強をするのであれば、ぎゅっと集中してこなせるほうが、だらだらやって遊ぶ時間もなくなっちゃったというのに比べれば格段によいだろう。勉強の効果も集中しているほうが上がると思う。

ただし。この我が家ルール運用、特に冬休みや正月休みで家にいる時間が長い季節を経て、ほころびが見えてきた。

・ゲーム時間が長くなりすぎる。
勉強を集中してこなすモティベーションが、「ゲーム時間を長く確保したい」にかかっている関係上、ゲーム時間には特に制限を設けていなかった。そのため、ゆとりがある日だとゲームばっかり長くなりすぎてしまう。受験でなかったころは逆に、ゲームとテレビ合わせて一時間以内(平日の場合)とか約束があったが、それを超えることも。

・課題を増やすことに抵抗する。
当然だけど、課題が増えればいくら集中してやっても時間がかかるわけで、勉強量を極力減らしたがる。受験生であることを見失いそうな勢いである(-_-;;

で、「こじろう完オフデー!?の結末」で書いた夫婦の深夜の話し合いの中で、ゲームについても「どうにかしなければ」という話になった。

勉強時間が少ないにもかかわらず、こじろうがストレスを溜めているように見えるのは、「やらされている」感が強いことと、もうひとつはゲームが実はストレスになっているからだというのがよしぞう説であった。

つまり、もちろんゲームは息抜きにはなるんだけど、例えば目は疲れる。目が疲れるだけではなくて、脳の一部分、たぶん偏ったどこかが疲れて、それが勉強の疲れと一部「かぶって」しまってるんじゃないかということだ。

私はゲームの内容とか進行状況をほとんど理解していないのだけれども、よしぞうは横から見ながらいろいろ口出しをしていた。いったんエンディングに達したあとは、こじろうがよく、いわゆる「レベル上げ」のために果てしなく単調な繰り返しのバトルなどをしていたことがあり、それをやめとけと忠告したりしていたらしい。

でもまぁ、遊び時間のことに親が口出しするというのもなんかアレだし、要はゲーム時間を区切る、減らすことのほうがよいという結論になった。それはいいのだけど、これまで野放図に来てしまったところ、突然制限を言い出してまたろうとこじろうがどう出るのか? ちょっと心配だった。

ところが実際に「一日30分制限案」を言い出してみると、まずあっさりとまたろう(*)が「いいと思う」と賛成。次いで、こじろうも「そのくらいがいいと思う」と了承。なんとなくだけれど、本人たちも、あまり長いゲーム時間は「快適」となんか違う、と感じていたようでもあった。それなら自分でやめればよかったようなものだが、なかなかそうもならないのだろう。それがゲームの強すぎる魅力みたいなもの??

というわけで、あっさり決着…。しかし、昨日の午前中は、「やること終わった」と称するこじろうから、それなのに30分のゲーム権が行使できないことについてぐだぐだと電話でクレームがあった。親の留守中は時間がわからなくなってしまうので全面禁止(テレビがつかないようにしてある)としたためである。

う~ん、めんどくさいなー。ま、もうすぐ学校が始まっちゃうけどね。


(*) またろうはもともと、漢字が終わればピアノで一曲、英語短文が終われば長トイレ、ホームタスクをやるといって子ども部屋にこもれば、問題冊子を開く前にふと手にとった文庫本を読みふけり、やっと課題にとりかかったら三題目で詰まったところで思考停止してボールペンの分解…という調子なので、ほとんどゲーム時間がなかった。本人は「勉強が多すぎるせいだ」と思っているらしい(-_-;;


今日の献立:
鶏ごぼうシュウマイ+蒸しキャベツ、小松菜と油揚げの味噌汁、納豆、数の子

by an-dan-te | 2009-01-06 14:58 | 中学受験 | Comments(4)

Commented by milktea at 2009-01-07 11:49 x
ああもうまたろうくんの様子があまりにも上娘とおんなじで、あと5年以上こうなのね...と思ってしまいます〜。

せめてまたろうくんのように料理ができるようになってほしいものです。
#贅沢を言えば数学ももの作りもだけれど。
Commented by an-dan-te at 2009-01-07 15:28
こういう子っていつまでたってもこういう子みたいですね(^^;;
それでもやっぱり成長するうちになんとかなっていくようなので、ほんとに成長ってすばらしい。不得意なところにだけ目を向けていくと親も子もげんなりしてしまうので、得意なところもフォーカスしていくのがいいですよね。でも受験はね…
Commented by ちーこ at 2009-01-07 16:04 x
あけましておめでとうございます。

ゲーム時間あっさり納得してくれてよかったですね。
昔人間の私からすれば、ゲームは百害あって一利なし
って感じなんですけど、子供はそうもいかず、、、
うちも2学期の期末の時に普段の"ゲーム1時間以内”から”テスト中は禁止”にしてその時間を昼寝にあてさせたんです。しっかり成績上がりました。。。。
 ゲームって息抜きにはなるけど、疲れは取れない、というアンダンテさんの意見に大賛成です。

Commented by an-dan-te at 2009-01-07 22:22
ちーこさん、ことしもよろしくお願いします_o_
ゲームはね…うちは親も元々けっこうやるほうだったりするからいまいちきっぱりしにくかったりして(-_-;;

でも、ゲーム30分にしたら、ちょっと気分が落ち着きました。親にとってもあの単調な音の繰り返しとか、固まってる子どもとか、ストレスだったような気がします。

<< トンネル(メモチェ)開通おめで... 会社は始まるし学校は始まらないし >>