きになる過去問   

六年生の夏ごろになると、塾からは「過去問はまだ手をつけないように」と言われていても多少気になる、といったところではないでしょうか…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←お盆は多少まとまった時間も取れるかな?
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

だいたい、いつから過去問をするべきかについてはあまりにいろんな人がいろんなことを言っているので、情報を入れるほど混乱するって面はあります。

そこに一つ付け加えてどうするんだという感じですが、その「いろんなこと」を聞く/読むときの自分なりの整理の仕方についての提案です。

そもそも過去問の機能がいくつもあるわけで:

(1) 何を求められているかを知る。
たとえば、私がもし今から何かの資格を急いで取らなければいけないとすれば、まずその試験の過去問集を買ってきて、ざっと見て何が必要かを検討してから教材選びと勉強を始めると思います。中学受験の場合、さすがに「勉強を始める前に(新四年とか?)」それができるって子もいないでしょうが、まぁ代わりに親が眺めておくって手はふつうにあります。

本人が解くならあまり早くでは無理でしょうけど、六年夏なら大いにありです。特に、偏差値的に余裕のありそうな押さえ候補校の中から、どこなら「呼ばれている」かを確認するなら早めに知る意味がありますよね。秋からどこに実際に足を運ぶかを厳選したりする目的でいうと。

(2) 学習教材として使う。
各学習分野の基礎があやふやなのに過去問を使ってもしょうがないですが、あらかたパーツは揃ってきて、それをどう組み合わせて複合的な問題、難易度の高い問題を解くのかという実践的な演習には、なにしろぴったりです…要するに「そんな問題」が解ける実力がつけばよいわけですから。

過去問は過去の問題であって、もう出ない問題だという意見もありますが、そりゃ解答丸暗記しても役に立ちませんけど(^^;; 広い意味で「そんな問題」というのは案外繰り返し出るものです。実力養成のための良問としてとらえて、じっくり学習して得られる力ならば、その学校がまさに求めているものであるはずで、そりゃ役に立ちます。

(3) そっくり模試(?)として合否判定をする。
なにしろ本物の過去問ですから、そっくり度はピカイチ、そして(学校によっては)合格者最低点もわかりますからある意味一番確かな合格判定といえます。

ただ、家で過去問を解くのと本番の環境はどうしてもかなり違いますのでそういった誤差はあって信頼度にはやや留保が必要です。

(4) 問題を解く戦略のチューニングに使う。
出題や解答の形式を確認して、最適な時間配分を検討しておくことで、「やっちゃった(ウラも問題あったんだ、みたいな)」大事故を防ぎやすくなります。あるいは出題に癖があって、たとえば国語の選択肢がどれもちょっとズレてるようにしか見えないとか…その中で何を根拠にどう解答を導き出せばいいのか、大人(親)の目も加えてじっくり考えておくとよいことがあります。


…このように、いろいろあるから適切な時期も様々な考え方があることになります。

(4)は本番ギリギリにやる意味がありますよね。
(3)はもうちょっと幅があるでしょうが…秋ごろから本番直前まで…ちなみにこじろうは本人のたっての希望で1月31日にフルセット過去問をやりましたがそんな怖いことは(軌道修正する時間がない)…よいこは真似してはいけません。
(2)は状況により、ですが、国語や算数なら夏くらい、理科や社会は秋も深まってという感じになることが多いでしょうか。要するに、本人にとっての難易度というか、やる気を失うくらい難しく感じられると困るので。ただ、かなり難しくても大問ひとつずつバラで取り組めば効果的にこなせる場合もあります。
(1)は趣旨からいうとなるべく早く、ですけど本人に丸ごと解かせるならまぁ夏あたりがせいぜいでしょうか。本人の持ち偏差値マイナス10くらいの学校で相性も悪くないなら夏で合格点取れるかなというあたりが目安だと思います(算数と国語に限る)。

過去のまとめ記事:

■過去問の流儀



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

# by an-dan-te | 2017-07-31 21:37 | 中学受験 | Comments(0)

記述力をつけるには?   

この夏に記述力をつけるぞ!! と意気込んでいる方も多いかと思います。まとまった時間がないとやりにくいものね。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←日々暑いですね。塾に通うだけでもエラい
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

こじろうに記述力つけられなくて、結局、記述いらない学校が第一志望になったから結果オーライみたいな人が何書いても説得力がいまいちなのですが…

はなひめは記述しっかり書けてたから一勝一敗(?)

まずは王道について言いますと、
達意の文章を構成するためのスキルのパーツが揃っていて
(語彙力、文の構成力、論理的思考能力など)
かつ、書くモチベーションがあれば上達します。そりゃそうだ。

はなひめは、元々国語はわりと得意で、ちゃんと意味がわかって文法的に正しい文が書けていたけれど、骨のある内容をしっかりまとめられるようになった転機みたいなものは、五年の夏休みだったと思います。

受験生にとってはあまりありがたくなかったりもしますが、夏休みの自由研究というやつ…
広島旅行して二つの世界遺産(原爆ドーム、厳島神社)を見学したとき、はなひめ本人の心にほんとうに響くものがあって書きたい内容があったから、いわゆる「レポート」に相当する文章が書けるようになった、ようなのです。

これ、親がお膳立てしたらそんな素晴らしいことが起こるかというとそうとは限らないので、あんまり参考にはなりませんが、要するにいわゆる受験勉強であるかどうかにかかわらず、本人が書きたい内容がある、書きたい感動があるということから表現が生まれる、ってのは当たり前の話ですね。

そういえば小学生のころの私は、文章を書くのが苦手かつ嫌いだったのですが、塾の社会科の授業で小論文課題? というか、そんな大げさなものじゃないですけど1000字で貿易摩擦について自分の意見を書けというのがあって、そのとき突然すらすら書けちゃって評価も素晴らしかったので、それが転機になりました。なんだ、私が苦手なのは文学的文章(詩とか感想文とか)であって説明的文章なら書けるし実は得意かも!? って気づいたんです。

そういった「記述に目覚める」体験は王道ではありますが、そのときが訪れるとも限りませんし、あと、中学受験に対応できるかっていうと…役には立つでしょうがイコールではないので。

勉強として取り組むのであれば、
(1) まず大前提として漢字や語句を積み重ねて語彙力を人並みにはしておくこと、それから書き方の「型」を学ぶことですね。学ぶことは真似ることというか、まずは「視写」。解答の丸写しがお奨めです。
「これで「答えた」ことになるんだ!!」…ここが出発点です。

(2) それからワンステップ遡り、設問をじっくり読み解きます。こう聞かれているから、こういう観点が必要なんだ。設問から、求められていることが読み取れなかったら、記述も何も点になりませんからね。

(3) さらにワンステップ、今度は各観点についてその内容で正解であるという根拠を確認します(国語の読解なら本文の該当箇所を確認する)。

私が思いつくのはそれくらいです。実際、はなひめは過去問に取り組んでこれで一挙に記述解答力を上げたと思われますが…しかしそれは記述力のベースがあったから簡単なのであって。記述が苦手な場合はもう少しやっかいだと思いますが、それでも一番の近道ではあると思います。

ちなみに、こじろうの場合は中学受験に間に合いませんでしたが、種まきとして漢字・語句をやっておくのはもちろん無駄にはなりません。記述は書けなくてもほかの設問で点を取る役には立ちますし、あと、中学以降に本人の時期ってものが来れば、長いレポートもちゃんと書けるようになりましたからね。そのベースにはなっているはずです。

え? 中学受験に間に合わないなら困るって?? いやそりゃまぁ困りますけど…

はなひめの夏、過去記事:

光と影、二つの世界遺産

実物で学ぶことと、その発展

タイムマシンで五年夏に戻れたら


記述の練習 過去記事:

記述問題事始: 視写で「型」を学ぼう


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

# by an-dan-te | 2017-07-23 22:52 | 中学受験 | Comments(0)